このページを印刷

代表挨拶

ライフケアシステムは会員制の団体です

この度は一般社団法人ライフケアシステムのホームページをご覧いただきましてありがとうこざいます。代表理事の辻彼南雄(つじかなお)です。

ライフケアシステムは、「自分たちの健康は自分たちで守る」という精神に基づき、元気な時から生涯にわたって健康を支えあう会員制の団体です。

1981 年に在宅医療の第一人者である佐藤智医師が当時の患者とその家族とともに設立しました。

当時のエピソードがあります。佐藤医師が東京を離れている時、高齢の患者が夜中に具合が悪くなり、救急車で病院に搬送されるということがありました。幸い患者は回復しましたが、「先生に相談できなくて、とても不安だった」と訴えたのです。

「24時間・365日、医師に相談することができる仕組みを作ろう」。佐藤医師はそう考えて、ライフケアシステムは発足したのです。2003年に法人格を取得し、在宅医療の先駆的な組織として活動を続けて来ました。

「家庭医」がひとりひとりを全人的に診ます

その後、医療制度が改正され、介護保険が導入されて、公的保険を利用して、在宅医療と介護サービスが受けられるようになりました。しかし、健康保険と介護保険だけでは、個人が望む医療を受けることが難しいのが現実です。

ライフケアシステムの会員になると、「家庭医」を持つことになります。その人の人生観や価値観、仕事やライフスタイルを踏まえ、全人的に診るのが家庭医です。

「病院を受診したほうがよいか」「どの科を受診するべきか」等の相談に応え、適切な病院や専門医を紹介します。

ライフケアシステムのサービスの大きな柱は、医師による24時間の電話相談です。会員は、夜間・休日を含め、体調に変化が生じた時、医師に電話で相談することができます。緊急時には、医師が電話で救急隊員と連絡を取り合い、病院の選択と搬送先の病院での処置が迅速かつ適切に行われるようサポートします。

希望に沿った医療やケアを選択して、自分らしい生活を

ひとり暮らしと二人暮らしの世帯が増えている現代、「持病を抱えてのひとり暮らしが不安」「夫婦ともに高齢になって、老老介護になってしまった」等、個別の悩みや相談が増えています。

ライフケアシステムでは、家庭医、ソーシャルワーカー、看護師が連携して、在宅での療養生活を支援するほか、会員が病院に入院しても、施設に入所しても、訪問して相談にのります。

希望に沿った医療とケアを選択して、自分らしい生活が送れるよう会員を総合的にサポートするのがライフケアシステムです。

代表紹介

  • 辻 彼南雄(つじ かなお)
  • 一般社団法人ライフケアシステム 代表理事
  • 医療法人社団互酬会 水道橋東口クリニック 理事長・院長

経歴 等

  • 1984年北海道大学医学部卒
  • 群馬大学医学部附属病院(神経内科)、東京逓信病院(内科)、東京大学医学部附属病院(老年病科)、白十字診療所勤務を経て、現職。
  • 東京大学医学部 非常勤講師(老年病学、公衆衛生学)
  • 一般社団法人ライフケアシステム 代表理事
  • 特定非営利活動法人高齢者を支える学際的チームアプローチ推進ネットワーク(通称:NPO法人ミシガンネット) 理事
  • 公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団 理事
  • 認知症サポート医
  • 日本医師会認定産業医
  • 「第4回杉浦地域医療振興賞」受賞(平成27年2月)

専門分野

  • 内科、老年内科

所属学会

  • 日本老年医学会(代議員)
  • 日本在宅医学会(監事)
  • 日本在宅ケア学会(副理事長)
  • 日本プライマリ・ケア連合学会

お知らせ